読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぬのひと。

犬が大好き犬の人。犬情報などをつづります。

日本における”ドッグダンスブーム”の可能性について

犬の大会や競技会というと、「ドッグショー」や「アジリティ」がまず思い浮かびますが、「フリスビードッグ」や「ドッグダンス」の大会もあるんですよ。

 

今日は「ドッグダンス」をご紹介します。

 

ドッグダンスとは、飼い主(ハンドラ―)が犬を動かし、音楽に合わせて技や動きを披露する、欧米発のドッグスポーツです。

日本では、あまり馴染みのないスポーツですよね。

ですが犬ブームの中で、一度は耳にした人も多いのではないでしょうか。

 

ドッグダンスの魅力は、動画じゃないとわかりません。

そのため、いくつかドッグダンス例を挙げてみました。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

犬も飼い主も楽しんで体を動かせるスポーツなので、日本で流行らないのはもったいないですよね。

 

日本では2011年に小学校・2012年に中学校・2013年に高等学校の授業にダンスを導入しています。

せっかくだから、ドッグダンスももっと流行ればいいのに・・・。

と思ったら。

 

ちょうどそのころ、ドッグダンスを流行らせようとする動きがあったようですね。

 

 2013年にトヨタドッグサークルオリジナルダンス動画を提供し、

www.youtube.com

2014年には、お笑い芸人・COWCOWの善しさんが愛犬のパルと一緒に半年間のドッグダンストレーニングを行い、鉄板ネタの「あたりまえ体操」に応用して披露しています。

www.youtube.com

wan-derful.com



日本でドッグダンスが一番注目を浴びた時期は、おそらく2013年だと思われます。

 

2016年の今、まだ日本でドッグダンスが流行っているとは言えませんが…

多くの小中高生がダンスを楽しみ習得するのならば、いつか彼らを中心に、日本でも”ドッグダンスブーム”が起こりそうです。

 

<その他参考にしたwebサイト>

車中泊で楽しむ犬連れの旅

世界レベルのドッグダンス|ピッピ 憩いの空間

「人犬一体」のドッグダンス…しつけにも効果: 動物 しっぽニュース