読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぬのひと。

犬が大好き犬の人。犬情報などをつづります。

犬の人工血液、5年後には実用化か?

中央大学宇宙航空研究開発機構JAXA)の研究チームが

犬の人工血液を開発したと、

10月19日に同大学が発表しました。

同大学理工学部の小松晃之教授が中心となったこちらの詳細は、

11月24日・25日に開催された第23回日本血液代替物学会年次大会にて

発表されたようす。

5年後の実用化を目指すそうです。

 

現在日本には動物用血液バンクがなく、

数少ない「供血犬」や「献血ドナー」が

輸血を担っています。

人工血液が実用化されれば

より多くの犬が助かることになり、

また血を分ける側の犬の負担も減ります。

 

ペット需要が高騰している今、

研究に賛同する意見も多いのではないでしょうか。

 

人の人工血液輸血に関しては、

現在イギリスにて臨床試験段階です。

動物実験というものもありますし、

おそらく犬の人工血液輸血のほうが、

人の人工血液輸血よりも

早く実用化されるでしょう。

その結果が、人の人工血液実用化にも

大きく貢献すると思われます。

 

人にも犬にも、よりよい未来を。

副作用のない人工血液輸血の実用化が

待ち遠しいですね。

 

 

<参考サイト>

www.chuo-u.ac.jp

news.mynavi.jp

www.jiji.com

www.nature.com

wanchan.jp

news.nifty.com

KEK IMSS ニュース・成果 | イヌ用人工血液の合成と構造解析に成功

日本血液代替物学会