読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぬのひと。

犬が大好き犬の人。犬情報などをつづります。

毛が抜けない犬

毛が抜けやすい犬、毛が抜けづらい犬。

違いは、なんでしょう。

 

 

これはダブルコートの犬が、シングルコートの犬か、というのが一番の違いです。

シングルコートの犬の毛は、抜けづらいです。

またダブルコートの場合でも、アンダーコートがほとんどなくオーバーコートが頑丈な犬は毛が抜けづらいと言われています。

 

 

犬の毛には、ダブルコートとシングルコートがあります。

ダブルコートとはアンダーコート(下毛)とオーバーコート(上毛。トップコートなどとも言う)をもつ状態を指します。

シングルコートとは、アンダーコートがなくオーバーコートのみの状態を指します。

 

犬には人の衣替えと同じように、春と秋の約1ヶ月間、大量に毛が抜け換わる換毛期があります。

その際に、特にアンダーコートが抜けやすく、アンダーコートのあるダブルコートの犬が、抜け毛の多い犬に挙げられるのです。

だからこそ、抜け毛が嫌だと言う人が犬を飼う場合は、シングルコートの犬をお薦めされます。

マルチーズヨークシャーテリアミニチュアピンシャーなどが該当しますね。

 

それなら、毛が抜けない犬として一番知られているプードルは、シングルコートの犬なのか。

実はプードルは、ダブルコートの犬です。

ただし、アンダーコートが細くて切れやすく、オーバーコートが頑丈な犬です。

 

同様に、「マルモのおきて」に登場したシュナウザーも、毛が抜けづらい犬種として挙げられます。

こちらもアンダーコートが細くて切れやすく、オーバーコートが頑丈な犬です。

 

また、例えばパピヨンという犬種には、シングルコートのコもダブルコートのコも存在します。

パピヨンも毛が抜けづらい犬種として挙げられますが、シングルコートであっても毛が抜けやすい時期はあります。

 

 

「まったく毛が抜けない」犬はいないと思います。

換毛期でなくとも、毛は抜けるものです。

毛が抜けづらい犬を飼っていても、人と同じく、犬も年を取ったり病気になると、毛が抜けやすくなります。

 

それでも、毛が抜けづらいということは、犬を購入するうえで割と重視される部分です。

その際は、換毛期がないシングルコートの犬か、アンダーコートが薄くオーバーコートが頑丈なダブルコートの犬を購入しましょう。

先にもあげた、プードル、シュナウザーミニチュアピンシャーヨークシャーテリアマルチーズパピヨン…など。

 

選択肢はよりどりみどり。