読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぬのひと。

犬が大好き犬の人。犬情報などをつづります。

「猫の写真が世界で一番美しい図鑑」と「犬の写真が世界で一番美しい図鑑」

2014年に発行されて話題になった『世界で一番美しい猫の図鑑』に引き続き、2016年2月21日に『世界で一番美しい犬の図鑑』が発売されました。各4,104円です。

f:id:kyoumikannsinnkoudouryoku:20160307213012p:plainf:id:kyoumikannsinnkoudouryoku:20160307213100p:plain

 

 『The Elegance of the Cat: An Illustrated History』を邦訳した『世界で一番美しい猫の図鑑』。

2015年は空前の猫ブームだったので、『世界で一番美しい猫の図鑑』の知名度も一気にあがりましたよね。

 

私も手に取りましたが、猫の妖艶な美しさや野性的な美しさもさることながら、何より写真としての仕上がりが美しいと感じました。

 

2015年7月下旬~8月上旬には、西武渋谷店で『世界で一番美しい猫の図鑑』を題材にした写真展「世界で一番美しい猫と暮らす」が開催されていますし、人気も知名度も折り紙つきです。

 

一方で『The Spirit of the Dog: An Illustrated Historyを邦訳した『世界で一番美しい犬の図鑑』は、発売されて間もないからか、まだあまり知られていない気がします。

 

はてさて、中身はどんな感じなのか。

まだ見ていないのですが、『世界で一番美しい猫の図鑑』が「猫の写真が世界で一番美しい図鑑」であったように、『世界で一番美しい犬の図鑑』も「犬の写真が世界で一番美しい図鑑」なのではないかと推測しつつ。

 

明日にでも目の保養をしようと思います。

 

2冊の著者であるタムシン・ピッケラル氏は、同様の内容で馬の図鑑も出しています。『The Majesty of the Horse: An Illustrated History

邦訳の発売は来年かしら。

こちらも楽しみです。