読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぬのひと。

犬が大好き犬の人。犬情報などをつづります。

老犬ブーム到来 その3

老犬ブームは老犬介護を必ず伴う。 

老犬ブームと老犬介護に思いをはせつつ、

我が家の老犬について振り返った。

 

我が家の犬は、1匹が老犬だ。

老化が原因で、一度死にかけたことがある。

 

その時は深夜で、犬の体調は急に悪化した。

体全体で呼吸をして、むせるような咳を続け、

舌の色はピンクから紫、そして白へ変わっていった。

 

深夜に病院に連れて行き、即入院が決まった。

入院場所は、酸素室。

病院の酸素室の中で、犬の舌の色は徐々にピンク色に戻りつつあった。

けれども、亡くなる可能性も、容易には治らない可能性も、大いにあった。

肺や心臓に炎症が起こっていたそうだ。

そう簡単には治らない。

 

数日入院後、犬を家に連れ帰ることを決めた。

病院に入院させたまま最後を迎えたくなかったからだ。

在宅ケアができるように、病院から勧められたのが、”酸素ハウス”である。

 

犬、猫、小動物の在宅酸素吸入|ペット用酸素ハウス|テルコム株式会社

 

実際に効果があるのかどうか。

うちの犬には、効果があった。

 

”酸素ハウス”の利用期間は3ヶ月。

うちの犬の治療は「酸素を上手く取り入れられない」状態を改善することが一番大事だった。

だからこそ、濃縮酸素を提供しつづける環境があり、常に人の目が届く範囲に置いておくことで、それなりの自宅療養をさせることが出来たのだ。

 

おむつと薬が必要な老犬生活になったけれど、

食べて走って寝る犬として、まだ生きてくれそうだ。

 

2000年前後に始まっていた犬ブーム、2016年に始まりそうな猫ブーム。

ペットブームはまだ止まらない。

 

だからこそ思う。

”酸素ハウス”は老犬ブームにあたる今を機に、

必ず市場が拡大する需要ある分野だ。

 

(続く)