読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぬのひと。

犬が大好き犬の人。犬情報などをつづります。

眠るとき、犬の黒目は下を向くのか

人が目を瞑るとき、黒目は上を向きます。(※眠りが深いノンレム睡眠時)

犬が目を瞑るとき、黒目は下を向いているようです。(※眠りが深いノンレム睡眠時)

 

眠りが浅いレム睡眠時は、人も犬もおんなじで、黒目がぐるくる動きます。

 

人が目を瞑るとき、黒目が上を向くのは「ベル現象」です。

まぶたを閉じる筋肉と、目を上に上げる筋肉がつながっているからだそうです。

 

犬が目を瞑るとき、黒目は本当は下を向いていません。

下を向いてみえるのは、犬にある第三目瞼(だいさんがんけん)という第三のまぶた「瞬膜(しゅんまく)」が、黒目の一部を覆っていているからです。

 

とは聞くのですが、それでもやっぱり犬が半目で寝てるときを見ると、黒目が下を向いているように見えるんですよねぇ。

 

だってうちの犬が半目で死んだように寝ているとき、瞬膜ではない充血した白目に、確かになっていたもの。

時と場合とその犬によって、違うのかしら。

 

白目…否、瞬膜。瞬膜が充血していると、疲れているのかなぁと心配になったりしますよね。

瞬膜が腫れていたり、出たままひっこまない時は、お薬つけてしっかり休ませましょ。