読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぬのひと。

犬が大好き犬の人。犬情報などをつづります。

プリケツコーギー

f:id:kyoumikannsinnkoudouryoku:20160216215525p:plain

写真の著作者:mbostock(http://free-photos.gatag.net/2013/03/27/100000.htmlより)

 

コーギーの魅力といったら、なんといってもプリケツ。

短いしっぽの生えたお尻が、かわいらしいのだ。

ぷりぷりお尻ごとしっぽをふる様子は、ドナルドダックの魅力にも通じるだろう。

 

とはいいつつ、しっかり尾の生えたコーギーがいるのは、最近では割と知られていることかしら。

コーギーは2犬種存在する。

見慣れているしっぽが短いコーギーウェルシュ・コーギー・ペンブロークで、ちょっぴり珍しいしっぽが長いコーギーウェルシュ・コーギー・カーディガンだ。

胴長短足きつね顔、原産国はイギリスと、ほとんど同一犬種である。

 

小さい頃、ペンブロークのブリーダーに話を伺う機会があった。生まれたばかりのペンブロークには尾が実は生えていて、生後数日のうちに断尾(尻尾を切ること)していると聞いた。

 

それなら尻尾を残して成長したペンブロークは、カーディガンとして登録されるのか。

当時はそう思ったものの、実はそれは違う・・・はず。

基本的にペンブロークの尾はカーディガンよりも短く、またカーディガンの方がワイルドな体格であるなど異なっているからだ。

 

尾の短いペンブロークも、尾の長いペンブロークも、そして尾のあるカーディガンも、個々人の好みはあれプリケツには変わりない。

 

短い脚に長い胴、豊かな感情表現など、プリケツ以外もコーギーは愛らしさにあふれている。

まれにみる毛の長いコも、美しくて大好きです。